市橋えりな 媚薬オイルという怪しい液体を私の敏感な秘部に塗られ



数年前にどうしてもノルマが厳しく、魔が差して枕営業をしてしまった私。そのことが同僚の営業にバレてそれを口実に私のカラダを求めてきたんです。「会社にも夫にも内緒にするから」と言っては私の口に熱い肉棒を捻り込んだり、卑猥な玩具で私のアソコを責め立てるんです。必死に耐えていましたが、媚薬オイルという怪しい液体を私の敏感な秘部に塗られると理性に反して男の肉棒を求め自分からも腰を動かしてしまったんです…。

電マ 調教・奴隷 人妻 ハイビジョン ドラッグ 中出し 単体作品